消費者金融

金銭消費賃借契約書

金融業者からお金を借りる際には、金融業者と申込者の間で必ず金銭消費賃借契約を結ぶことにな
ります。契約書の記載事項は貸金業規制法で規定されており、第一条には必ず「契約条項を確認の
上、金銭を受領した」という文面が書かれています。

その他の規定内容は以下の通りです。

  1. 融資額、返済金額、返済回数、返済方法
  2. 利息、利率、支払金の充当方法
  3. 期限の利益喪失条項
  4. 遅延損害金
  5. 一定の事項の報告義務
  6. 債権譲渡の承諾
  7. 合意による裁判管轄

期限の利益喪失条項

期限の利益喪失条項とは、契約で決められた期日までに返済が履行されなければ、契約は破棄さ
れ、直ちに全額返済を要求される意味です。この事項は、どの金融業者でも金銭消費賃借契約に入
っていますので、回避することは出来ません。

債権譲渡の承諾

返済が不履行になった際、借主に対する債権が譲渡されることについての承諾です。債権が譲渡さ
れると、その債権を譲り受けた者が新しい債権者となり、請求をすることとなります。

銀行などの金融機関の場合は、取り立て不能となればすぐに回収センターのほうへ債権が移行され
ます。

金銭消費賃借契約書のサンプル図です

サンプル