消費者金融

ノンバンクとは

ノンバンクは、必要なお金を貸し出す業務をしている金融会社のうち、銀行以外の業者をいいます。例えば、個人融資向けのフリーローンなどを出している消費者金融や、企業向けの不動産担保融資をしている企業ローンなどがそうです。

また、商品などの買い物を立て替えるクレジットカードを取り扱っている信販会社などもノンバンクです。

ノンバンクと銀行の最も大きな相違は、銀行が顧客からお金を預かっているのと違って、ノンバンクは預金業務をしていないことです。では、ノンバンクはどうやって貸し出す資金をつくっているとかいいますと、主に銀行などから借入れています。

銀行から融資を受けて貸出金利を支払い、その上で金利を上乗せして貸し出しているわけですから、銀行と比べると金利は高くなるならざるを得ません。消費者金融やキャッシングローン会社の利息が銀行より高いのは、このことが理由です。

0

クレジットカードの場合

クレジットカードは直接お金を融資しているわけではないのですが、カードで買い物をすると信販会社は商品の代金を一旦販売先に支払い、その後カードの利用者へ代金を請求します。

つまり、クレジットカード利用者は信販会社にお金を借りていることと同じなのです。

また、機材などを企業に貸し出すリース会社や、ベンチャー企業への融資を実施するベンチャーキャピタルなどもノンバンクの一種になります。

そのそも銀行は顧客からお金を預かって、その顧客にゼロ金利しか支払っていないのだから、もう少し貸付金利を低くしても良さそうなものです。